健康法に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!このブログは健康になるためのポイントをいろいろな面から検証し発信して行きます。

真向法のプロ 整体カウンセラーが語る股関節柔軟の秘密 

健康の秘訣?じつは股関節の柔軟性がカギを握っているのです。
股関節の動きに特化した体操「真向法」の秘密に迫ります。永年指導してきた経験から生み出された整体カウンセラーKEIの健康法を語ります。
 
ご訪問ありがとうございます。
このブログは股関節の柔軟性が身体に如何に寄与するものなのかを説くブログです。 また、それに関連した様々な情報も載せていますので、あなたの健康に必ずお役に立てるものと確信しています。是非参考にしてくださいね。

真向法は究極の健康体操です!真向法ストレッチ体操教室・疲労快復助健院

Yahoo!ブックマークに登録

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

人気ブログランキング - 整体カウンセラーの☆これで納得!健康法
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ほっとけない 世界のまずしさ

チーム・マイナス6% <

楽天ショッピング

NEWS




あわせて読みたいブログパーツ
RECOMMEND
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法 (JUGEMレビュー »)

真向法の基本動作をわかりやすく解説する入門ビデオ。
RECOMMEND
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける (JUGEMレビュー »)
江園 啓造, 山本 のりこ, 平尾 俊
うちの真向法教室の生徒さんでもある江園 啓造先生がこのたび本を出版されました。日本国内の女性起業家の、といっても流行りのサクセスストーリーではなくごく普通の生活の中から夢を実現した女性達の生き方を取材したドキュメント本です。これから好きなことをやって仕事をやりたい女性のとても参考になる本です。
LINKS
PROFILE
みんなのブログポータル JUGEM

SPONSORED LINKS
    
MOBILE
qrcode

カード比較マニュアル
カードローン比較

ジャパンネット銀行

楽天銀行



ESET Smart Security V4.0

ページランクカウンタ
 

スポンサーリンク

このブログのメイン記事
◆股関節を柔らかく
柔軟性
股関節の柔軟性
股関節を柔らかくすることのメリット
股関節を柔らかくして・・
私の股関節
私のカチカチのからだ
初めての気づき
柔らかけりゃいいってもんでもない
股関節がかたいと
股関節とヒザ
ふくらはぎ
ハムストリング
ヒザを伸ばしておくこと
体の手入れ
股関節と歩行
続・股関節と歩行
足首の柔軟
老化とはかたくなること

◆肩甲骨を動かせ
猫背と肩甲骨
猫背が悪いわけ
肩甲骨を動かせ!
肩甲骨の動き良くしておくこと
続・猫背が悪いわけ

◆肩こり
自分で即行、肩こり解消
肩こりと直立2足歩行
肩こりと筋肉

◆腰痛
椎間板ヘルニアと真向法
続・椎間板ヘルニアと真向法
椎間板ヘルニアのMさん
大事な大事な椎間板
腰椎4番、5番がヘルニアになり易い?
椎間板ヘルニアの痛みって?
腰の周りの筋肉
腰の深層筋
インナーマッスルがとっても大事なんです
インナーマッスルを鍛えましょう!
椎間板とコラーゲン
ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミン
椎間板ヘルニアのミクロの原因遺伝子
腰部椎間板ヘルニアにならないために

◆真向法って?
真向法とは
真向法の原点
真向法第一体操パート1
真向法第一体操パート2
真向法第二体操パート1
真向法第二体操パート2
真向法第三体操パート1
真向法第三体操パート2
真向法第四体操パート1
真向法第四体操パート2
たかが真向法、されど真向法

◆姿勢は大事です
姿勢
良い姿勢の作り方
良い姿勢を獲得するには

◆呼吸
横隔膜
腹式呼吸がいいわけ
呼吸と自律神経
腹式呼吸のやり方
続・腹式呼吸のやり方
呼吸で力を抜く
ヘソ天呼吸

以下はその他のトピック記事







こちらも健康情報満載ですよ
健康と医療(全般) Ranking


スポンサーリンク

ホームページのアクセス
こんにちは

私の真向法教室にみえる生徒さんは圧倒的に女性が多いのですが、
最近は男性で体験される方も増えてきました。

去年の11月にホームページを立ちあげてから、
最近やっとちらほらと電話での問合せがくるようになりました。

とても嬉しいことなんですが、ホームページの効果ってこんなものなのかなあ、
ってここのところ思っています。(^^;

うちのホームページは「真向法」で検索するとヤフーで35600件中、
グーグルで69800件中堂々の3位です。

でもこれってどうなんでしょう?

よくは分からないんですが
「真向法」はキーワードとしての価値があまりないと言えるかもしれませんね。

たとえば
「ストレッチ」での検索だとヤフーは6970000件も関連サイトがあり
うちのサイトは100位までにいないです。(何位か分からない)
グーグルだと7170000件中92位です。

ついでに「ストレッチ体操」だとヤフーで620000件中8位
グーグルだと169000件中19位でした。

このようにキーワードによって関連サイトの数が一桁も二桁も違ってくるんですね。

それだけ検索数も多いということなのか。

ちなみ「ヨガ」というキーワードはヤフー4030000件、グーグル7210000件。

うーん、こんなにも違うとは・・

悲しいかな真向法ってそれだけマイナーなんでしょうね。

これを読まれてるあなた
真向法って知ってました?

もっともっと知ってもらうためには少なくともホームページのアクセス数を多くしなければならない。

他の人気キーワードで検索エンジン上位を狙うということか。

これがSEOというものですよね。

また勉強することが増えました。(^^;;    いつもランキングにご協力ありがとう!
たかが真向法、されど真向法
こんにちは

きのうまで真向法の四つの動作について一つ一つ見てきましたが、
いかがだったでしょうか?

単純な中にも結構奥が深いんだということがお分かり頂けたと思います。

それでは今日は真向法のまとめをしますね。

今までお話して来たように
真向法はたった四つの体操です。

健康のためにこの四つを毎日やりましょう、ということなんですね。

ではそのやり方をおさらいします。

まず
第一体操、第二体操、第三体操までを順番にそれぞれ10回ずつ行います。

次にまた初めからこれを繰り返すのです。

つまり第一から第三までの1ラウンドをやったら、2ラウンド、3ラウンドと繰り返しやっていくわけです。

そして最後に第四体操を30秒〜1分間やるという具合です。

何ラウンドやっても構わないのですが、
第四は最後に1回だけやればいいです。


たとえば、
1ラウンドをやり、
次に2ラウンド目をやり、
そして終わりに第四体操を1分間やったとすると、
所要時間は約3分〜4分です。


これだけでも毎日朝晩実行すれば体は必ず変わってきます。

これだけって言いましたが、これがなかなかできないんですけどね。

なんなら初めのうちは試しに一日一回、風呂上りにでもいいでしょう。

とにかくまずはやらなければ始まりませんからね。

あなたもこれを機会にぜひやってみて下さいね。
わからないことがあったら何でも質問して下さい。(^^)

それから注意事項ですが、
満腹時は避けて下さいね。

まあこれは言わなくてもやりませんよね。(^^;

というわけで今まで真向法についていろいろ述べてきましたが
いかがだったでしょうか?

たかが四つの動作ですが、結構大変でしょ?

私なんか最初のうちは四つとも全くできませんでした。(^^;

特に第二、第三は全く腰が立たず、
第四をやると、足がつるなんてしょっちゅうだったんです。

今でこそ何とか形にはなっていますが、ここに至るまでは結構な年月がかかっているんです。

私の体は元々硬いんでしょうね、きっと。

ではまた。
役に立ったと思ったらカチッとお願いします。(^^)人気blogランキングへ
真向法の原点
 まずこの写真をご覧下さい。
 写りが悪いですが勘弁してくださいね。
 
 あなたも平らな場所でちょっと同じポーズ(座法)をとってみてくれ
 ませんか?
 足の裏同士を合わせて、カカトと股の間隔はコブシひとつほどにし
 ます。
 やってみてください。

背中は丸まっていませんか?
アゴがつき出ていませんか?
腰はちゃんと立っていますか?
両膝が床に着きますか?
左右の膝の高さは違っていませんか?

いかがですか?

このことはあなたの体にとって、とてもとても重要なことです。

たかが座り方なんですけどね。

股関節の柔軟性がないとこの座りはできません。

膝が極端に上がってしまう人、左右の膝の高さが違う人、背中が伸びない人、腰が立たない人、はたまたこの座り自体が辛い人・・

あなたがもしこの中に入っているなら、あなたはまず自分の体の衰えを自覚して下さい。

これは技術的なことではなく、体の基本的なことです。

ゴルフがうまくても、野球がうまくても、足が速くても、泳ぎがうまくても、スポーツがどんなに万能でもこの座り方を見ればその人の体の衰えは分かってしまうんですね。

だからって出来ればいいってものでもありませんよ。
写真のように座れたら優秀だとか、健康だとか言うつもりはサラサラありません。

現に病弱な人でも出来ちゃう人はいくらでもいるわけですから。

肝心なのはその先なんですよ。

つまりカタイ体から柔軟な体へ導くための過程(体へのインプット)が最も大事だということなんです。

さて話は戻って上の写真のポーズ。

実はこれこそが真向法の原点である第一体操の座り方なんです。

真向法は第一体操から第四体操までの四つの動作で成り立っています。

その中でもとりわけこの第一体操は創始者長井津先生が「頭面接足」という礼をヒントに生み出した究極の動きなんです。

では、明日から真向法の四つの体操の第一から解説して行きますね。

お楽しみに。
と言ってもまだ楽しみにしてくれてる人なんていませんね。(^^;;

よろしければポチッとお願いします。人気blogランキングへ
真向法体操
あなたは真向法という健康体操をご存知でしょうか?

初めてこの文字を見ると多くの人が「シンコウホウ」って読んじゃったりします。

マッコウホウと読みます。

なんかどっかの宗教団体の名前みたいでしょ?

いいえまったく違います。

長井 津(わたる)という方が「お辞儀」をヒントにこの体操を生み出し、この動きで自身の半身不随を克服しちゃったんですね。

なーんて
こんな簡単に言っていますが、克服するまでには壮絶なドラマがあります。

まあそんな話は追々することにして

昭和初期にこの体操は産声を上げ、

以後、普及活動が始まり今日に至っています。

本部(社団法人真向法協会)が東京渋谷にあります。

続きを読む >>
健腰館〜専門家が勧めるこだわりショップ〜

スポンサーリンク

健康に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ


借金