健康法に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!このブログは健康になるためのポイントをいろいろな面から検証し発信して行きます。

真向法のプロ 整体カウンセラーが語る股関節柔軟の秘密 

健康の秘訣?じつは股関節の柔軟性がカギを握っているのです。
股関節の動きに特化した体操「真向法」の秘密に迫ります。永年指導してきた経験から生み出された整体カウンセラーKEIの健康法を語ります。
 
ご訪問ありがとうございます。
このブログは股関節の柔軟性が身体に如何に寄与するものなのかを説くブログです。 また、それに関連した様々な情報も載せていますので、あなたの健康に必ずお役に立てるものと確信しています。是非参考にしてくださいね。

真向法は究極の健康体操です!真向法ストレッチ体操教室・疲労快復助健院

Yahoo!ブックマークに登録

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

人気ブログランキング - 整体カウンセラーの☆これで納得!健康法
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ほっとけない 世界のまずしさ

チーム・マイナス6% <

楽天ショッピング

NEWS




あわせて読みたいブログパーツ
RECOMMEND
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法 (JUGEMレビュー »)

真向法の基本動作をわかりやすく解説する入門ビデオ。
RECOMMEND
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける (JUGEMレビュー »)
江園 啓造, 山本 のりこ, 平尾 俊
うちの真向法教室の生徒さんでもある江園 啓造先生がこのたび本を出版されました。日本国内の女性起業家の、といっても流行りのサクセスストーリーではなくごく普通の生活の中から夢を実現した女性達の生き方を取材したドキュメント本です。これから好きなことをやって仕事をやりたい女性のとても参考になる本です。
LINKS
PROFILE
みんなのブログポータル JUGEM

SPONSORED LINKS
    
MOBILE
qrcode

カード比較マニュアル
カードローン比較

ジャパンネット銀行

楽天銀行



ESET Smart Security V4.0

ページランクカウンタ
 

スポンサーリンク

このブログのメイン記事
◆股関節を柔らかく
柔軟性
股関節の柔軟性
股関節を柔らかくすることのメリット
股関節を柔らかくして・・
私の股関節
私のカチカチのからだ
初めての気づき
柔らかけりゃいいってもんでもない
股関節がかたいと
股関節とヒザ
ふくらはぎ
ハムストリング
ヒザを伸ばしておくこと
体の手入れ
股関節と歩行
続・股関節と歩行
足首の柔軟
老化とはかたくなること

◆肩甲骨を動かせ
猫背と肩甲骨
猫背が悪いわけ
肩甲骨を動かせ!
肩甲骨の動き良くしておくこと
続・猫背が悪いわけ

◆肩こり
自分で即行、肩こり解消
肩こりと直立2足歩行
肩こりと筋肉

◆腰痛
椎間板ヘルニアと真向法
続・椎間板ヘルニアと真向法
椎間板ヘルニアのMさん
大事な大事な椎間板
腰椎4番、5番がヘルニアになり易い?
椎間板ヘルニアの痛みって?
腰の周りの筋肉
腰の深層筋
インナーマッスルがとっても大事なんです
インナーマッスルを鍛えましょう!
椎間板とコラーゲン
ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミン
椎間板ヘルニアのミクロの原因遺伝子
腰部椎間板ヘルニアにならないために

◆真向法って?
真向法とは
真向法の原点
真向法第一体操パート1
真向法第一体操パート2
真向法第二体操パート1
真向法第二体操パート2
真向法第三体操パート1
真向法第三体操パート2
真向法第四体操パート1
真向法第四体操パート2
たかが真向法、されど真向法

◆姿勢は大事です
姿勢
良い姿勢の作り方
良い姿勢を獲得するには

◆呼吸
横隔膜
腹式呼吸がいいわけ
呼吸と自律神経
腹式呼吸のやり方
続・腹式呼吸のやり方
呼吸で力を抜く
ヘソ天呼吸

以下はその他のトピック記事







こちらも健康情報満載ですよ
健康と医療(全般) Ranking


スポンサーリンク

椎間板ヘルニアのミクロの原因遺伝子
こんにちは

日本の椎間板ヘルニアの罹患率は約1%だという。(20代〜40代に多い)

人口が1億2千万人として120万人ですね。

この120万人という数字、
これだけ見ればとても多いですよね。

しかし裏を返せば圧倒的多数の99%の人が椎間板ヘルニアではないということになります。

うーん、こう見ると
椎間板ヘルニアの原因が老化による椎間板の劣化だ
と一概に決め付けるわけにもいきませんね。


実はですね。

椎間板ヘルニアには原因になる遺伝子というものがあるらしいんです。

それはCILP(cartilage intermediate layer protein)というタンパク質です。

去年理化学研究所が世界で初めて発見したらしい。

それによると、
椎間板には軟骨基質の成長を促すTGF-βという成長因子があって、
CILPがそれと結合すると軟骨基質を生み出す働きを抑制してしまうらしいんです。

そして椎間板ヘルニアの患者を実際に調べて見るとCILP(Thr型のCILP)が多くあり、
重症患者ほどその量も多いんだそうです。
椎間板の変性の強い部分に特にたくさんCILP(Thr型のCILP)が多いということも分かったらしい。

椎間板ヘルニアの人にとってはにっくきCILPと言いたいところでしょう。

でも、事はそんな単純ではないんです。

このCILP、
実はなくても困るらしいんですね。

つまりこういことなんです。

椎間板というのは様々なストレスにより日々傷害を受け、その軟骨細胞や基質は減少していきます。

これは仕方のないことで2足歩行の宿命と言えます。

でも人間の体はそれを再生させる機序が備わっている、
先にも言ったTGF-βというタンパク質(?)がその主役になるわけです。
これが軟骨細胞を分化させ基質の産生を促し、椎間板が補修されるわけなんですね。

しかし、TGF-βという成長因子だけだと困りますよね、
だってそればかりが働いてしまうと軟骨が増え過ぎてしまうという事態もあり得るわけですから。

その抑制するもの
それがCILPというわけです。

CILPというのはTGF-βの調整役なんですね。

椎間板ヘルニアはその調整がうまくできずに招いてしまう疾患

つまり
Thr(スレオニン)型のCILPがくっ付いてしまうことによりTGF-βが十分に働けず、
椎間板が変性してしまいヘルニアになってしまうというわけです。

軟骨組織にもこんなメカニズムが働いているとはね、

最後に理化学研究所はこう結んでいます。
椎間板を維持するメカニズムが明らかになり、椎間板ヘルニアの画期的な治療法およびその治療薬の開発が大きく進むものと期待されます。

考えてみれば骨や筋肉や神経などなど・・
人体のあちこちがそんな拮抗的作用のバランスで成り立っているような気がします。

体ってすごいと思いません?     いつもランキングにご協力ありがとう!
健腰館〜専門家が勧めるこだわりショップ〜

スポンサーリンク

コメント
from: laut   2006/05/22 12:52 PM
背骨の柔軟性が大切なんですね!!
簡易ヨガは毎日しているので続けていこうと思います。
ありがとうございます☆
from: kei   2006/05/19 7:34 PM
lautさん、そうそうその意気込みです。
あと猫背にこだわらず背骨の柔軟性を高めるという方向で行ったほうがいいと思いますよ。
S字カーブとか言っても正しい湾曲なんてありませんから。個人個人みんな違います。
部分より全体を見ましょう。
やるならヨガがいいのでは?
文字通り「猫のポーズ」なんてお勧めです!(^^)
from: laut   2006/05/19 2:03 PM
始められたきっかけは大好きなウインドサーフィンなのですね、なんだかやる気がちょいと出できました^^
でも、猫背(背骨を正しく湾曲)にする体操やストレッチって探してますが、ないものですね・・・
猫のよにま〜るく丸められる日が来たら、海復帰です♪ 
なんとかよい方法見つけて、頑張りたいと思います、
from: kei   2006/05/18 9:15 PM
lautさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
このブログに興味を持ってくれてとても嬉しいです。
何かお役に立ちましたか?
ところで猫背になりたいとはめずらしいですね。
程度にもよりますが自分で歪みを直すにはやる気と時間が必要です。
まだお若そうなんで大好きなsurfingをやるためにもあまり滅入らないで下さいね。(^^;
ちなみに僕は昔、大好きなウインドサーフィンがうまくなりたくて真向法を始めたわけです。
おかげで思っても見なかった体癖も変えることができたんです。
lautさんも頑張って欲しいですね。(^^)


from: laut   2006/05/17 10:26 AM
はじめまして☆こんにちわ。

平背(とくに脊椎2番が凹でいる)・ストレートネックと頚椎ヘルニアなので、整体だけでなく自分の呼吸や体操でも、まあるい猫背にならないものかしら?
と調べているうちにkeiさんのblogに来ちゃいました^^
keiさんの『つぶやき』の数々、とっても興味をもって拝見させて頂いています(まだ途中ですが・・w)

大好きなsurfingも、今はずっとオアズケで、元気が減ってきています・・・自分の体と上手く付き合っていくのは、難しいですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaihuku.jugem.jp/trackback/121
テンペには血管を強くしたり、老化を防ぐ効果があると言われてきましたが、糖尿病予防・改善も期待できそうです。
広い大地へ健康的な生活へ | 2006/07/07 12:08 AM
 

健康に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ


借金