健康法に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!このブログは健康になるためのポイントをいろいろな面から検証し発信して行きます。

真向法のプロ 整体カウンセラーが語る股関節柔軟の秘密 

健康の秘訣?じつは股関節の柔軟性がカギを握っているのです。
股関節の動きに特化した体操「真向法」の秘密に迫ります。永年指導してきた経験から生み出された整体カウンセラーKEIの健康法を語ります。
 
ご訪問ありがとうございます。
このブログは股関節の柔軟性が身体に如何に寄与するものなのかを説くブログです。 また、それに関連した様々な情報も載せていますので、あなたの健康に必ずお役に立てるものと確信しています。是非参考にしてくださいね。

真向法は究極の健康体操です!真向法ストレッチ体操教室・疲労快復助健院

Yahoo!ブックマークに登録

Add to Google

人気ブログランキング - 整体カウンセラーの☆これで納得!健康法
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
チーム・マイナス6%

楽天ショッピング

NEWS




あわせて読みたいブログパーツ
RECOMMEND
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法
NHKビデオ入門シリーズ 健康になる真向法 (JUGEMレビュー »)

真向法の基本動作をわかりやすく解説する入門ビデオ。
RECOMMEND
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける
好きを仕事に!―女性が創る・活かす・変える・続ける (JUGEMレビュー »)
江園 啓造, 山本 のりこ, 平尾 俊
うちの真向法教室の生徒さんでもある江園 啓造先生がこのたび本を出版されました。日本国内の女性起業家の、といっても流行りのサクセスストーリーではなくごく普通の生活の中から夢を実現した女性達の生き方を取材したドキュメント本です。これから好きなことをやって仕事をやりたい女性のとても参考になる本です。
LINKS
PROFILE
みんなのブログポータル JUGEM

SPONSORED LINKS
    
MOBILE
qrcode

カード比較マニュアル
カードローン比較

ジャパンネット銀行

楽天銀行



ESET Smart Security V4.0

ページランクカウンタ
 
はじめての方へ | 真向法とは | 真向法教室 | よくある質問 | 生徒さんの声
このブログのメイン記事
◆股関節を柔らかく
柔軟性
股関節の柔軟性
股関節を柔らかくすることのメリット
股関節を柔らかくして・・
私の股関節
私のカチカチのからだ
初めての気づき
柔らかけりゃいいってもんでもない
股関節がかたいと
股関節とヒザ
ふくらはぎ
ハムストリング
ヒザを伸ばしておくこと
体の手入れ
股関節と歩行
続・股関節と歩行
足首の柔軟
老化とはかたくなること

◆肩甲骨を動かせ
猫背と肩甲骨
猫背が悪いわけ
肩甲骨を動かせ!
肩甲骨の動き良くしておくこと
続・猫背が悪いわけ

◆肩こり
自分で即行、肩こり解消
肩こりと直立2足歩行
肩こりと筋肉

◆腰痛
椎間板ヘルニアと真向法
続・椎間板ヘルニアと真向法
椎間板ヘルニアのMさん
大事な大事な椎間板
腰椎4番、5番がヘルニアになり易い?
椎間板ヘルニアの痛みって?
腰の周りの筋肉
腰の深層筋
インナーマッスルがとっても大事なんです
インナーマッスルを鍛えましょう!
椎間板とコラーゲン
ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミン
椎間板ヘルニアのミクロの原因遺伝子
腰部椎間板ヘルニアにならないために

◆真向法って?
真向法とは
真向法の原点
真向法第一体操パート1
真向法第一体操パート2
真向法第二体操パート1
真向法第二体操パート2
真向法第三体操パート1
真向法第三体操パート2
真向法第四体操パート1
真向法第四体操パート2
たかが真向法、されど真向法

◆姿勢は大事です
姿勢
良い姿勢の作り方
良い姿勢を獲得するには

◆呼吸
横隔膜
腹式呼吸がいいわけ
呼吸と自律神経
腹式呼吸のやり方
続・腹式呼吸のやり方
呼吸で力を抜く
ヘソ天呼吸

以下はその他のトピック記事







こちらも健康情報満載ですよ
健康と医療(全般) Ranking

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
体の調子が悪い時って・・・
こんにちは

朝晩がだいぶ寒くなって来ました。
風邪をひいている人も結構いるみたいですね。

今日は風邪をひいた時に体がとっても喜ぶことをお教えします。

その行為は自分ではできません。

誰かにやってもらうか、誰かにやってやるか、どっちかです。

それは
いつもランキングにご協力ありがとう! ブログTOPランキング
背中の掌圧(しょうあつ)です。

掌圧とは手の平で押す(圧する)ことです。

そう
背中を手の平で押して行くんです。

具体的に説明しますね。

まず押す人は手の平を温めます。
これは手の平同士を何回かこすり合わせることで叶うと思います。

圧する場所は背骨の両側です。

 風邪をひいている(押される)人はうつ伏せに寝ます。(顔は横向く)
 服は着たままでいいです。
 
 背骨の左右2〜3センチのところには起立筋という太い筋肉が走っています。
  (指で探るとコリコリした筋腹が分かります)
 その筋肉上に沿って左図の黒いポッチで示した辺りを手の平で圧しながら
 移動して行きます。
 肩甲骨上部から腰までですね。
 
 押す人は両手の平を重ねて背中(黒いポッチ上)に当て、
 ゆっくりと体重をかけ手の平全体で圧しください。
 肩の後ろから腰まで何度も何度も往復して圧してあげましょう。






とっても気持いいですよ。(^^)

ただし、体重をかけ過ぎないこと。(高齢者は特に)
肩から肩甲骨は肩関節がかたい人もいますので、やさしく加減して押してあげて下さいね。
 
押されて苦しい人は胸の下に柔らかい座布団かクッションを敷きましょう。

実は
背骨の両側には太陽膀胱経(たいようぼうこうけい)という経絡が2本づつ走っているんです。
その経絡上には重要なツボがいくつも点在してます。
もちろん風邪のツボも。(風門)

その膀胱経を押してゆくことで体が癒されるというわけなんです。

ところで
体の調子が悪い時って大抵は体の後ろ側(特に背中)に現れるもんです。

あなたも疲れたり調子が悪い時は肩が凝ったり背中が痛くなったりするでしょ?

全部後ろ側です。

前側が凝ったりはしませんよね。

そう
だから肩や背中を揉んだり叩いたりして欲しくなるというわけなんです。

前を揉むのは・・・(^^;;


手の平というのは癒す力があります。

「手当て」ですね。

風邪に限らず、疲れたり体調が悪い時は背中を入念に圧し(てあげ)ましょう。

背中の掌圧

ぜひ試してみて下さいね。  いつもランキングにご協力ありがとう! ブログTOPランキング
スポンサーサイト
- | 00:12 | - | -
健腰館〜専門家が勧めるこだわりショップ〜
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaihuku.jugem.jp/trackback/155
 

健康に近道なし!健康法は無理なくこつこつと!あなたに合った健康法を見つけましょう!

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ


借金